更年期障害の改善をローヤルゼリーで

閉経期の女性の体調悪化の原因のひとつに、更年期障害があります。
更年期障害の症状を和らげてくれる食べ物にはいろいろなものがありますが、ローヤルゼリーもそのひとつなのです。

更年期障害の原因は、加齢による卵巣機能の衰えです。
卵巣の機能が衰えると、女性ホルモンの分泌量が減少します。
これによって骨からカルシウムが溶け出しやすくなるなど、体にいろいろな不具合が起きるようになってしまいます。
この不具合を解消するために、脳の視床下部から卵胞刺激ホルモンの分泌を促す命令が出されます。
卵巣を刺激して女性ホルモンの分泌を増やすためですが、肝心の卵巣が衰えているので女性ホルモンの分泌量は増えてくれません。
それでも何とかしようと視床下部が頑張っているうちに、自律神経のバランスが崩れ、体のあちこちに不具合が出てしまうのです。
そんな更年期障害にローヤルゼリーはどう作用するのでしょうか。

ホルモンバランスを整えるデセン酸

ローヤルゼリーにはデセン酸という脂肪酸が含まれています。
デセン酸は女性ホルモン受容体と結合することで、女性ホルモンに似た働きをしてくれるのです。
これは更年期障害の原因である女性ホルモンの不足を補うことになりますので、視床下部の働きを整えることにつながります。
女性ホルモンに似た働きをするものとしては大豆イソフラボンがあり、更年期障害の症状緩和に効果があるとされています。
デセン酸についても、似たような効果を期待していいでしょう。

自律神経のバランスを整えるアセチルコリン

ローヤルゼリーに含まれる成分のうち、更年期障害の改善に役立ちそうなもうひとつの成分は、アセチルコリンです。
アセチルコリンは自律神経のうち副交感神経から分泌されるもので、副交感神経の働きはこのアセチルコリンによってもたらされているといっていいでしょう。
アセチルコリンが増えることで副交感神経の働きが活発になり、自律神経のバランスが整えられます。
これによって血行不良をはじめとする更年期障害の症状が和らげられるのです。

更年期障害に悩んでいるならばローヤルゼリーの摂取を検討してみましょう。
その際には、デセン酸の含有量が多いものを選ぶことがポイントです。