ローヤルゼリーに含まれるイソロイシンとは

ローヤルゼリーにはいろいろなアミノ酸が含まれていますが、そのうちのひとつがイソロイシンです。
アミノ酸のうち、人間の体内で生成できないものを必須アミノ酸といいますが、イソロイシンはそのうちのひとつです。

イソロイシンの主な働きは?

イソロイシンにはいろいろな働きがありますが、主なものとして神経の働きを助けること、肝機能の向上、筋肉の疲労解消、糖尿病の予防、美肌効果などがあります。

神経の働きを助ける

イソロイシンには神経の伝達スピードを上げ、物事の判断や動作を速くしてくれる働きがあります。
また、興奮系の神経伝達物質の原料となるため、集中力を高めてくれる効果もあります。

肝機能の向上

肝硬変の患者は肝機能が低下していますが、これによってBCAAアミノ酸(イソロイシン、ロイシン、バリン)の血中濃度が低くなっています。
BCAAアミノ酸とアルブミンを同時投与することで、肝機能がアップすることが分かっています。

筋肉の疲労解消

イソロイシンには血中の糖分をグリコーゲンに変え、筋肉に蓄える働きがあります。
これが筋肉のエネルギーとなり、疲労回復効果につながるのです。
また、上記の肝機能の向上も疲労解消につながることが分かっています。

糖尿病の予防

血中の糖分を筋肉にグリコーゲンに変えて取り込むことは、血糖値が低下につながります。
糖尿病は血糖値が高いことが原因で起きるものなので、血糖値の低下は糖尿病の予防に役立つのです。

美肌効果

皮膚はタンパク質からなっていますが、このタンパク質はイソロイシンをはじめとするアミノ酸から作られているものです。
積極的に摂取することで、皮膚の新陳代謝アップが期待できます。
実際、イソロイシンが不足すると皮膚炎のような症状を起こすことがあります。

イソロイシンにはこれ以外にも、いろいろな働きがあることが分かっています。
このイソロイシンを多く含むローヤルゼリーを摂取して、効果を実感してみてはいかがでしょうか。