ローヤルゼリーに入ってるビタミンE

ローヤルゼリーには本来、ビタミンEのような脂溶性ビタミンは含まれていません。
にもかかわらず、ビタミンEを添加しているローヤルゼリー製品が存在しています。
なぜローヤルゼリーにビタミンEが加えられているのでしょうか。

ビタミンEの働きはどういうものなの?

ビタミンEはナッツ類をはじめとする植物油に多く含まれており、血液をサラサラにしたり、抗酸化作用を発揮したりするのが主な効果です。
血中コレステロール値が高くなりすぎるなどして血液がドロドロになると、血行が悪化したり、血栓ができやすくなってしまったりします。
いずれも健康面に悪影響を及ぼします。
ビタミンEによって血液をサラサラにすることで、血流の促進や、脳梗塞の予防などにつながります。
また、抗酸化作用とは活性酸素の働きを抑えるものです。
活性酸素は免疫力をアップさせる働きがありますが、増えすぎると正常な細胞を傷つけて老化の原因を作ります。
ビタミンEの抗酸化作用は正常な細胞が傷つくのを防ぎ、アンチエイチング効果やがんの防止につながっているのです。

ローヤルゼリーの効果をアップさせる

こうしたビタミンEの働きは、ローヤルゼリーの効果を高めることになるのです。
ローヤルゼリーには、血中のコレステロール値を下げてくれる効果があることが、臨床データから分かっています。
上にも書きましたが、コレステロール値が高いと血液がドロドロになってしまいます。
コレステロール値を下げることは血液をサラサラにすることにつながり、ビタミンEとの相乗効果が望めます。
また、ローヤルゼリーの固有成分である「デセン酸」という脂肪酸には、抗酸化作用があります。
こちらもビタミンEの抗酸化作用との走行効果が期待でき、からだをより若々しく保ってくれそうです。
ローヤルゼリーに本来、含まれていないビタミンEを配合する理由は、ローヤルゼリーとの相乗効果につながるからです。
実際に試してみるのも、悪くなさそうですね。