ローヤルゼリーに入ってるビタミンB

ローヤルゼリーに含まれているビタミンの多くは、ビタミンB群に属しています。
ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸がこれに当たります。
それぞれ、どのような効果を持っているのでしょうか。

ビタミンB1

糖質の代謝を活発にし、エネルギーを生み出す助けをしてくれる効果があります。
不足すると脚気になり、心機能に悪影響が出ることもあります。

ビタミンB2

皮膚や粘膜を健康な状態に保ってくれる働きがあり、不足すると口角炎の原因となります。
また、糖質やタンパク質、脂肪からエネルギーを作り出す働きもあります。

ビタミンB6

タンパク質の代謝を活発にする働きがあります。
これによって筋肉や血液、頭髪などを作り出したり、タンパク質をエネルギーに変えたりしてくれます。

ビタミンB12

遺伝子の原料であるDNA(デオキシリボ核酸)の生成にかかわっています。
不足すると細胞分裂が抑制され、赤血球そのものの不足による貧血を起こすことがあります。

葉酸

ビタミンB12と同様にDNAの生成にかかわっており、不足すれば貧血になるのも同様です。
不足すると貧血の原因となることも、ビタミンB12と同様です。
お腹の赤ちゃんの細胞分裂を助け、先天的障害のリスクを下げてくれることは有名です。

ナイアシン

別名をビタミンB3といい、皮膚や粘膜を健康な状態に保ってくれる働きがあります。
不足すると「ペラグラ」という疾患になり、光過敏症による皮膚炎などを引き起こし、最悪の場合は命にかかわるケースもあるとされています。

パントテン酸

ビタミンB5という別名があります。
代謝力アップと皮膚の健康保持については他のビタミンB群と似ていますが、HDLコレステロールを増やしてくれる働きがあります。
HDLコレステロールの増加はLDLコレステロールを減らし、動脈硬化の防止につながってくれます。

ローヤルゼリーには、これだけ多くのビタミンB群が含まれているのです。
積極的に摂取して、体調を整えていきましょう。