ローヤルゼリーにあるパントテン酸

ローヤルゼリーに多く含まれる栄養素のひとつに「パントテン酸」というものがあります。
あまり聞いたことがないという人もいるかもしれませんが、どのような働きを持った栄養素なのでしょうか。

体の代謝を高める

パントテン酸はビタミンB群の一種で、かつてはビタミンB5とも呼ばれていました。
「パントテン」とは「どこにでもある」という意味で、欠乏することは少ないとされていますが、極端なダイエットを行った場合には不足してしまうケースもあります。
パントテン酸の働きのひとつは、糖質やタンパク質、脂肪をエネルギーに変える代謝機能を高めてくれることです。
特に脂肪は、代謝を高めてくれる栄養素がパントテン酸以外にありませんので、パントテン酸の摂取が足りないと、脂肪がうまく燃焼されず、太る原因となってしまうのです。

ストレスを和らげる

ストレスを受けると副腎皮質ホルモンが分泌されますが、これはストレスを緩和するためのものです。
パントテン酸には、副腎皮質ホルモンの分泌を促す働きがあります。
パントテン酸の摂取が十分ならば、副腎皮質ホルモンが活発に分泌されるため、ストレスを受けても心身のダメージは小さくなります。
逆にパントテン酸が足りないと副腎皮質ホルモンがうまく分泌されず、ストレスのダメージが大きくなります。

動脈硬化の予防

パントテン酸の働きには、血中のHDLコレステロールを増やすというものもあります。
コレステロールというと動脈硬化の原因というイメージが強いですが、あれはLDLコレステロール、別名悪玉コレステロールによるものです。
HDLコレステロールは別名を善玉コレステロールといい、これを増やすことでLDLコレステロールを減らすことができるのです。
パントテン酸によってHDLコレステロールを増やせばLDLコレステロールが減り、動脈硬化になりにくくなるというわけです。

このように、パントテン酸にはいろいろな働きがあります。
ストレスを受けることが多いうえに、ストレスによって太りやすいという体質の人は、パントテン酸が多く含まれているローヤルゼリーの摂取がおすすめだといえます。