ローヤルゼリーの老化防止効果

ローヤルゼリーにはいろいろな効果がありますが、老化防止もそのうちのひとつです。
そもそもなぜ老化が起きるのか、ローヤルゼリーのどのような成分が老化防止効果を発揮しているのかなどについて、説明していきましょう。

老化の原因は活性酸素

老化の原因は、活性酸素という物質の働きによるものです。
活性酸素には病原菌などを退治してくてれる働きがあり、免疫力アップには欠かせないものなのです。
ただ、それも程度問題で、あまりにも増えすぎると健康な細胞まで傷つけてしまうのです。
傷つけられた細胞は劣化してしまい、これが老化につながっているというわけです。
老化の原因のひとつが活性酸素であるということは、裏返せば活性酸素の働きを抑えることができれば老化防止につながるということでもあります。
この活性酸素の働きを抑える働きがある物質を「抗酸化物質」といいます。

ローヤルゼリーの抗酸化物質

ローヤルゼリーには、2つの抗酸化物質が含まれているのです。
具体的にはデセン酸と、抗酸化ペプチドです。
デセン酸は脂肪酸の一種で、ローヤルゼリーのみに含まれている成分です。
デセン酸には抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えてくれるのです。
付け加えると、デセン酸は女性ホルモン受容体と結合することで、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
卵巣の老化によって起きる疾患に更年期障害がありますが、デセン酸は上記の働きによって更年期障害の症状を抑えてくれるのです。
また、ローヤルゼリーの成分の多くはタンパク質ですが、このタンパク質が体内で分解されると、抗酸化作用を持ったペプチドになってくれるのです。
このペプチドがデセン酸と相乗効果を発揮することで、さらなる老化防止につながってくれるというわけです。

ローヤルゼリーは2つの成分によって、老化防止効果を発揮しているのです。
ローヤルゼリーの質は、デセン酸の含有率によって決まりますので、老化防止のためには質の高いローヤルゼリーを選ぶようにしましょう。