中高年世代からのローヤルゼリー

中高年世代といえば、生活習慣病や更年期障害など、心身にいろいろな不具合が出てくる時期です。
ローヤルゼリーには、この不具合を改善してくれる働きがあり、中高年にこそオススメできるものなのです。

ローヤルゼリーの効果1.更年期障害の症状緩和

中高年世代の女性にとって、ある程度避けて通れないのが更年期障害による体の不具合です。
これは、加齢によって卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が減少してしまうことが原因で起きるものです。
ローヤルゼリーには固有成分として「デセン酸」という脂肪酸の一種が含まれています。
デセン酸は女性ホルモン受容体と結合し、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
これによって更年期障害の症状を抑えることができるのです。
実際、ローヤルゼリーが含まれている食物を閉経後の女性が3カ月摂取したところ、症状が改善されたという臨床データもあります。

ローヤルゼリーの効果2.生活習慣病の予防

生活習慣病には高血圧、高脂血症、糖尿病などがありますが、ローヤルゼリーはこれらの症状を緩和する効果があることが分かっています。
ローヤルゼリーに含まれているペプチドの中には、血圧を下げてくれる効果のあるものがあります。
高血圧患者にローヤルゼリーのペプチド1グラムを3カ月にわたって投与したところ、血圧が低下したという臨床試験のデータがあります。
高脂血症については、ローヤルゼリーが血中のコレステロール値を下げる効果があることが分かっています。
実際、高脂血症の患者にローヤルゼリー6グラムを1カ月にわたって与えたところ、コレステロール値が低下したという臨床データもあります。
糖尿病の原因のひとつは、インシュリンが分泌されているのに効果が低下してしまう「インシュリン抵抗性」です。
糖尿病のラットにローヤルゼリーを1カ月投与したところ、インシュリン抵抗性が低下したというデータがあります。
インシュリン抵抗性が上がれば血糖値が下がりやすくなり、糖尿病の予防につながるというわけです。

このように、ローヤルゼリーには中高年の体調を整えてくれる働きがあります。
最近話題になっている健康寿命を伸ばすためにも、ローヤルゼリーを摂取してみませんか。