ローヤルゼリーと更年期の関係性

ローヤルゼリーには更年期障害の症状を抑える効果があるとされています。
なぜローヤルゼリーが更年期障害に効果があるのか、その関係性について説明していきましょう。

なぜ更年期障害が起きるのか

更年期障害の原因は、加齢によって卵巣の機能が衰えてしまうことです。
卵巣の機能が低下すれば、女性ホルモンの分泌量は低下します。
これによって血中の女性ホルモン濃度が下がるため、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。
これが更年期障害の第一の原因です。
これを改善するために、脳の視床下部が「女性ホルモンを分泌しろ」という命令を出し、これを受けた脳下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌されます。
ところが、肝心の卵巣の機能が低下していますので、なかなか女性ホルモンの分泌量は増えません。
それでも何とかしようと視床下部は頑張るのですが、やがて疲れてしまいます。
問題は視床下部が、自律神経の働きをコントロールしているということです。
視床下部の疲労によって自律神経のバランスが崩れてしまうことが、更年期障害の第二の原因です。

女性ホルモンの働きを助けるデセン酸

ローヤルゼリー固有の成分に、デセン酸という脂肪酸の一種があります。
デセン酸は女性ホルモン受容体と結合し、女性ホルモンに似た働きをしてくれるのです。
これは、卵巣の衰えによって減少した女性ホルモンを補完することにつながり、体内のホルモンバランスを整えてくれることになります。
また、体内のホルモンバランスが整えられれば、視床下部が女性ホルモンの分泌を促す命令を出す必要もなくなりますので、疲れを取ることにつながります。
これによって自律神経のバランスが整えられます。
デセン酸はホルモンと自律神経のバランスを整えることで、更年期障害の症状を抑えてくれる働きを持っているのです。
もしあなたが更年期障害に悩んでいるのでしたら、デセン酸の含有量が多いローヤルゼリーを選ぶようにするのがおすすめです。
また、知っておきたいローヤルゼリーと蜂蜜の違いについても参考にご覧ください。